肝臓がんは気づきにくい病気です|飲酒の習慣が発症の原因

脱腸と呼ばれるヘルニア

病院

放置しておくと危険

ヘルニア、と聞けば多くの人は椎間板ヘルニアを思い浮かべますが、実は他にもヘルニアと呼ばれる病気があります。もともとヘルニアとは身体の組織が本来あるべき場所からはみ出てしまっている状態を指す言葉で、いわゆる「出べそ」もその一種です。そしてもちろん治療が必要なヘルニアも椎間板ヘルニア以外に存在します。その1つが鼠径ヘルニアです。鼠径とは下腹部と太ももとの付け根のことをいいますが、この部分の組織がはみ出して、外側に膨らんだ状態が鼠径ヘルニアです。ごく初期の場合は皮下組織がはみ出す程度ですが、症状が進行すると腸が蛇行して外に出てしまい、いわゆる脱腸の状態になります。鼠径ヘルニアは基本的には良性の異変ですが、カントン化(飛出口で組織が締め付けられること)すると血行障害を起こすなどして危険です。

保存療法では完治しない

鼠径ヘルニアは幼児の罹患率が高く、その多くは先天性です。その一方で、成人に発症する例も決して少なくありません。成人の場合は力仕事で鼠蹊部に負荷がかかったり、老化による衰えで筋肉が内臓を支えきれなくなったりすることが主な原因とされています。鼠径ヘルニアは保存療法などによって自然治癒する確率が極めて低い病気で、完治を目指すなら外科手術が最良の選択肢となります。鼠径ヘルニアの手術は基本的に2つのタイプがあります。1つは飛出口を直接縫い合わせてしまう方法で、もう1つは樹脂製のメッシュを埋入して弱った組織を支える方法です。最近では腹腔鏡を使った手術も普及しています。すべての症例にすべての手術法が適応するわけではありませんが、医師と相談の上最適な方法を選択すれば日帰り治療も可能です。