肝臓がんは気づきにくい病気です|飲酒の習慣が発症の原因

更年期の悩みの解決法

考えるウーマン

30代以下の女性や男性も

人生にはいろいろな曲がり角があります。その中でも特に女性の場合は、50歳前後に迎える閉経は大きな曲がり角と言えるかもしれません。個人差はありますが、体調面や精神面でもその前後数年間は不安定となりがちです。更年期と呼ばれるこの時期に、心身で生じるさまざまな不調を更年期障害と総称しています。その代表的な症状はホットフラッシュとも呼ばれるのぼせやほてり・発汗ですが、人によっては肩凝りや頭痛・めまいなどさまざまな症状が発生します。身体の不調は食欲不振や吐き気・便秘など消化器系にも及び、皮膚のトラブルが見られる場合もあります。これは閉経に伴う女性ホルモン減少によって、自律神経に狂いが生じていることが原因と考えられます。更年期障害は50歳前後の女性特有の病気というイメージもありますが、30代や20代の女性にも似た症状が見られます。これを若年性更年期障害と呼びます。若い女性にもそうした症例が増えている背景には、ダイエットの流行や女性の社会進出によって心身に強いストレスがかかっている事情が挙げられます。更年期障害は女性ばかりと限りません。個人差は大きいですが、男性にも存在することが知られています。

ホルモン療法の効果

女性の更年期障害には、年齢に関わらず女性ホルモンのエストロゲン減少が大きく関わっています。男性の場合も男性ホルモンの減少によって、疲労感や不眠・気力減退・頻尿などの症状が表れます。こうした症状が見られる場合の対策は、男女とも病院を受診して適切な治療を受けるのが一番です。いずれもホルモン療法を治療の柱としており、対処療法や生活習慣改善がこれを支えていきます。更年期障害対策として最も効果の高いホルモン療法とは、女性は女性ホルモンのエストロゲンを、男性は男性ホルモンのテストステロンを補充することにあります。適用の際には他の薬や治療法と併用することも重要です。女性の場合はエストロゲン補充によって乳がんの発症リスクが若干上がりますので、同様の効果が期待できる漢方薬との併用が望ましいと言えます。男性の場合は前立腺がんや前立腺肥大症の患者さんに対してホルモン療法が実施できません。その場合でも漢方薬や抗うつ薬等の服用が効果的な対策となります。以上のようなホルモン療法や薬物療法に加え、病院では生活習慣の改善も更年期障害対策として奨励しています。ストレス軽減によって楽になった患者さんも少なくないのです。